2017年度 スピーチ力養成セミナー(東京・大阪7回)

以下リンクよりお申し込みください。

日本能率協会 スピーチ力養成セミナー

本セミナーで学べること

・印象に残るスピーチの作り方、話し方、立居振舞
・部下やメンバーを鼓舞する伝え方
・プレゼンテーションのインパクトを高める方法

開催概要

スピーチやプレゼンテーションにおいて、大切なことは何でしょうか?“相手にとって分かりやすいこと”や“論理的であること”は言うまでもありません。それでは、印象に残るスピーチやワンランク上のプレゼンテーションにするためには何が必要でしょうか?本セミナーは、自身の想いや意思を“自分の伝えたい言葉”にして、印象に残る内容や伝え方を具体的に学べる、スピーチとプレゼンテーションのスキルアップ講座です。リーダーや管理職の方はもちろん、人前で話す機会の多いすべての方を対象にしたセミナーです。

対象

・ 部下やメンバーに自分の意志や目標を効果的に伝えたい“リーダー・管理職”の方
・ 印象に残るスピーチのつくり方、話し方、立居振舞を向上させたい方
・ 社内外でプレゼンテーションや提案する機会の多い方
・ プレゼンテーション力やスピーチ力を高めたい方

 

プログラム概要(1日 10:00-17:00)

スピーチの基礎をおさえる

【1】 スピーチ力の3つの要素
・プレゼンス(誰が)×コンテンツ(何を)×デリバリー(どのように伝えるか)

人間性を表現する

【2】 プレゼンスを高める
・人間性を表現するプロフィール作り
・強さと親しみやすさのバランスをとる

インパクトをどうつくるか

【3】 インパクトのあるコンテンツを作る
・インパクトを高める6つの要素
① 単純化 → 記憶に残るキーワードを作る
② 意外性 → これまでとは違うと予感させる
③ 具体化 → 相手にとってのリアリティを追求する
④ 信頼性 → 自分の信頼性を目に見える形にする
⑤ 感情訴求 → 感情の種類によってゆさぶり方を変える
⑥ 物語性 → 心をつかむマイストーリーを作る

リーダーに必要な立居振舞いを修得

【4】 インパクトのある伝え方を学ぶ
・ボーカルインパクト
① 言葉のヒゲ取り(聞き手に耳障りな言葉を省くには)
② 間・抑揚の使い方
・ビジュアルインパクト
① オーラを放つ立居振舞
② 相手の信頼を得るアイコンタクト
③ リーダーとしてのジェスチャー